電話でのお問い合わせ

岩陽学舎

MENU

NEWS / BLOG

2024
5/12

2024年4月「1年生:今年やりたいこと・上級生:もし1年生に戻れるならやりたいこと」

舎生日記

B3 川本蓮

自戒を込めて。大学生活は自由です。履修もアルバイトも全部自分で決められます。でもだからこそ堕落しやすいです。なんでもいいので目的意識を持つと良いと思います。

B2 高木将土

新入舎生の皆さん、大学へのご入学おめでとうございます。ここ岩陽学舎はとても住みやすいところです。是非仲良くしてください。

B4 髙石光輝

僕から新入生に伝えたいことは一つだけです。単位はできるだけ多く取ったほうがいいということです。進級するにつれ、サークルやアルバイトなど授業以外のことに割く時間も増えるので、単位は早めに取っていたほうが大学生活を楽しめると思います!

B4 北村俊樹

私が大学一年生にに戻れるならやりたいことはたくさん授業を履修することである.私はそもそも高専から2年次編入で大学に入学しているので大学一年生をそもそも経験していない.本来大学一年生で履修するべき科目はほとんど単位認定をしてもらっている.従って,必修科目だけでなく自分の興味のある教養科目をとりたいなと思う.あと比較的時間が自由に取れるのもあるのでいろいろな場所に行きたいなと思う.2年間でもたくさんの場所を訪れたが,行けてないところも多く自分のメモにはまだたくさんの建築物リストがある.一年生にはぜひ楽しんで過ごしてほしいなと思う.

M1 吉谷碧海

私がもし大学一年生に戻ったらやりたかったことは留学です。 大学生活を送る中で、自分が留学に行かなかったことを悔やむことがあります。留学は、新しい文化や環境に触れ、自分を成長させる貴重な機会とされていますが、私はその経験を得ることができませんでした。留学に行かなかったことで、新たな言語や文化を学ぶ機会を逸してしまったこと、異なる国の人々との交流や理解を深める機会を失ったこと、自分の視野を広げるチャンスを見逃してしまったことなど、後悔の念があります。さらに、留学先での経験は将来のキャリアにもプラスになります。グローバルな視点を持ち、異文化を理解する能力は、国際的なビジネス環境で重要な資産となります。また、異なるバックグラウンドを持つ人々との交流は、リーダーシップやチームワークのスキルを高めることにも繋がります。大学生活は自己成長と新たな経験を積むための大切な時期です。短期留学は、その一環として貴重な体験です。留学を通じて、自分自身を見つめ直し、新たな可能性を広げることができます。ぜひ、新入生の皆さんは大学生活のうちに留学の機会を活用し、世界を広げてみてください。

B1 林つぐみ

東京を散策したいです!全てが新鮮な今、色々な場所に行って感動したいです。これから忙しくなりますが、東京散策をモチベーションに日々頑張ります。

B2 茅原鼓海

もし1年前に戻れるのなら、岩陽学舎に入りたいです。 私はこの1年、一般のマンションで生活をしていました。周りが幼なじみでいっぱいの地元から、誰1人知り合いがいない東京での1人暮らしは心細く不安でいっぱいでした。 今年から学舎に入り、帰ってくるといつも誰かと廊下ですれ違い声をかけてくれて、方言が聞こえてくると家族や地元の友達を思い出します。去年から入っていたら、どれほど心強かったことでしょう。 1年生が羨ましいです!!

B1 濱田琴音

私は今年、毎朝お弁当作りをしたいと思っています。レシピ本やインターネットを見て研究をしています。メニューが豊富で彩りがいいお弁当を目指します。

B1 河村七恵

これから行ってみたい所は、新大久保です。私は韓国ドラマがすごく好きなので、その雰囲気を味わいたいです! 友達と韓国料理の食べ放題に行ったり、コスメを見て回ったりしたいなと思っています。 まだ、東京といえば!な場所に行ってないので、色々な所に行ってみたいです。

B3 宮下真輝

私が一年生の頃にやりたかったことは、読書です。私は活字を読むのが苦手で授業資料を見る時など大変苦労する上、学年が上がるにつれ、時間がなくなっていったからです。

B1 上野佑記

僕が今年やりたいことは、「計画を立てる」です。なぜなら、課題を後回しにしてぎりぎりになって焦り始めたり、学校に遅刻しそうになったりなどが日常茶飯事だからです。今までは自分の性格だからしょうがないと思っていたのですが、大学生になって変わりたいと思い、スマホでToDoリストをつくる、手帳に10分刻みの予定を書くなど試行錯誤しています。今までの習慣を急に変えることは難しいと思いますが、少しずつ改善していきたいです。

B4 松本誠也

もし一年生に戻れるなら、自炊を頑張りたいです。基本的に毎日自炊をしていましたが、好きなものばかり作っていて、作るものは大体同じようなものばかりだったので、もっといろんな料理を作れるように一年生の時から挑戦したいです。

B2 妹尾晏奈

去年は大学の寮で毎食ご飯が出ていたので、料理をする必要がなかったのですが、今年から一人暮らしを始めて自炊をするようになり、あまり上手く作れない時があるので、昨年に戻ったら長期休み期間などに積極的に料理をするようにして、ある程度料理を作れるようにしたいです

B1 北川創大

私が今年やりたいことは、朝早く起きることです。とにかく朝が苦手でよく起きてすぐに猛ダッシュして家を出るような毎日を過ごしていました。そうならないように、今年は朝ゆとりを持って準備できるように早起きを頑張ります。

B3 河井風香

もし1年生に戻れたらやりたいことは、ディズニーのキャストのアルバイトか兼サーをすることです。 1つ目は、ディズニーのキャストのアルバイトはずっとやりたかったけれど、家から距離があることと平日はほとんど入れないだろうと思って諦めていました。しかし、今思えば大学生のうちしか挑戦できないことだろうと思うので、やりたいなら面接を受けに行けばよかったなと後悔しています。 2つ目は、兼サーをすることについては、中学生・高校生と吹奏楽部に所属していたので、今も楽器を演奏したいという気持ちが変わらずあり、兼部または兼サーをして何か演奏をみんなでできる活動に入ればよかったなと思っています。 大学生1、2年生のうちにもっと色々と挑戦するべきだったなと少し後悔していますが、これから挑戦できることも多いと思うので、もっと色々なことに挑戦していきたいです。

B4 髙部吉之介

第二外国語を真面目に勉強するかな、と思います。私はスペイン語だったのですが、当時は全くやる気もなく、碌に勉強しませんでした。最近になってようやく、英語だけやってても大したことないなと思うようになり、あの時から真面目にスペ語やってれば今頃は、と後悔してます。二外は、文系の院試だと必要なことが多いのですが、私の場合は、スペ語もできればかっこいいよね!くらいのつもりです。

M1 森本龍

私が大学1年生に戻ったらやりたいことは、プログラミングを実践的に学べる活動に参加したいです。私は現在プログラミング言語の研究を行っており、プログラミング言語がどのように実現されているかなどを学んでいます。かなり興味をもって研究活動を進められており、もっと早くから、関係することを学んでおきたかったという気持ちがあります。とはいえ、実際に大学1年生の時に行ったことから、学べたことは大きいので後悔はしていないです。

B4 髙石光輝

もしも1年生に戻れるならば、アルバイトをもう少し早く始めたいと思います。バタバタしていたせいでアルバイトを始めたのが1年生の10月だったのですが、もう少し早く(4月とか5月とかから)始めていれば、アルバイト先での他の大学生との合流なども増えてもっともっと楽しい大学生活を送れたのでは、と思います。

B4 大塚はな

私は海外に行ったことがないのでアメリカやオーストラリア、韓国、イギリスなどに行ってみたいです。いろいろな国に行けたら楽しそうだなと思うからです。

«

TOPへ