岩陽学舎は歴史と伝統ある男子寮です。上京して進学する郷里の学生のため安心して勉学できるよう設立されました。これまで350余名が旅立ち各方面で活躍しています。

岩陽学舎について

  • HOME »
  • 岩陽学舎について

岩陽学舎とは

 

入舎お申込

入舎をお考えの方はこちらをご覧ください。

 

 


明治35年、旧岩国(現在地山口県岩国市)藩主が、上京して進学する郷里の学生に安心して勉学できる施設を提供したいと考えられ、創設されたのが、岩陽学舎」の始まりです。 以来、神田駿河台・本郷菊坂町・神田駿河台・雑司が谷・目黒・渋谷・代々木上原を経て現在大森に位置し、創設以来500余名がこれまでに学舎を巣立ち、各方面に活躍されています。

現在、学舎は『公益財団法人岩陽学舎』が運営しています。

〒143-0024 東京都大田区中央3丁目31-15

Tel. 03-3778-5931 Fax 03-3778-5918

舎生訓

第一条:我等は岩国の伝統精神を体得し、先賢の遺訓を遵奉し、互に切磋琢磨、学業の達成に邁進する。

第二条:我等は心身を鍛練し、志操を健実にし、夙に怠慢を戒しめ、交友を慎み、才徳を成就して、高潔なる人格の育成に努力する。

第三条:我等は平和的且つ民主的日本を再建すべき任務を痛感し、これを小にしては模範的の岩国人となって岩国の興隆・学舎の発展のために努力すると同時に、善良なる家庭となって一家の繁栄のために寄与する覚悟を持たねばならぬ。

TEL 03-3778-5931 受付時間 10:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 公益財団法人 岩陽学舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.